これを知らない男性は! 料理をはじめてはいけません!!

「うざい、、。」

女性に喜ばれるため、料理をしてみたのに、こんなことを思われるとは、、。

残念すぎる男子のよくあるパターン、善意でした行動が裏目にでてしまう、これはもう絶対さけたいことの1つではないでしょうか?

他人事じゃないですよ~、そういう人こそ自分は関係ないなんて思ってますから、気づかないから行動に起こしてしまう、だから嫌われた後に後悔、なんて男らしくないですよね。

さあ、ジェントルマンを目指すあなた、紳士らしい料理への取り組み方、知っておいて損はありません。

料理のときにしてはいけません!! 女性に嫌われる、たった1つの行動

1、こだわりが強すぎる

料理好き芸能人なんかで、チャーハン大好き芸人っていませんか? よくキッチンで中華鍋をふるう姿をみせる人です。

確かに、中華鍋をふるう男性に、女性は魅力的と思ってくれる方は多いみたいです。

でもよく考えてください、彼らは周りに感謝されているでしょうか? 女性にもてているでしょうか?

疑問をもってくれたあなた、おめでとうございます! 彼らの料理をしたあとには感謝の言葉ではなく、残念な言葉が広がっていると僕は思います。(完全な偏見ですが!)

では、何が彼らを残念男性にしてしまっているのでしょうか?

それは、料理のこだわりが強すぎる、つまり、

自分が料理をうまいという事をひけらかしたい と映ってしまているからです。

とうの本人はそうは思っていませんが、周りがそう思ってしまえば本人の想いなど関係ありませんよね。

料理のウンチク、どうすればうまくなるのか、何回も作る。 求められてもいないのに行動した結果、残念な男性になってしまう。

では、どうすればいいのか??

それは簡単です、、。

求められた行動をすればいいのです!

では質問です。 彼女が、こだわったチャーハンを求める状況って何ですか?

チョー美味しいチャーハンたべたくなっちゃった♡ という彼女はどこにいるでしょうか?

さすがね、こんなチャーハンが作れるなんて、見直したわ♡ という彼女はどこにいるでしょうか?

つまり、ほとんどの場合、(チャーハンに限らずですよ。)自分のこだわりが「相手の欲しい」にマッチしているわけではないという事。

なので、 ありがとう!ありあわせで、こんなにおいしいチャーハン作ってくれるなんて♡のほうが現実的なわけです。

食事時に仕事で疲れている彼女になら、食材にこだわって、料理の知識を話されながらチャーハンを食べるより。

すぐに食べれる(買い物にいかなくてもいい。冷蔵庫のありあわせで経済的)チャーハンのほうが美味しいわけです。

だから、あなたが料理をする上で、考えておくことは、求められた行動がとれるようにしておく事。

つまり、

目指すは! どんな状況にも対応できる料理をつくれるようになること!

目標を間違わなければ、回り道もすることもありません。

とはいえ、目標をもっても、継続するのは苦手というかたもいるかもしれません。

そんな、あなたに朗報ですよ。

僕たちファーム&クッキング想双では、そこを主点においてコーチングプログラムを作成しています。気になる方は私たちの行動に注意しておいてください!!(商品リリースはもう少し先になりますが。)