不確かな証明

人に説明する事は、かなり難しい。

小学生、中学生では、人前で説明するという機会は少ないかもしれません。しかし、大学生や社会にでると、「プレゼンテーション」や「会議」と、人前での説明は多くなります。

これは、あなたも経験済みじゃないでしょうか?

私の場合は、緊張しいの性格のためか、一番初めは、同じことを繰返し話したり、専門用語すぎて何を伝えたいかわからなくなったり、言いたい事がとんで、すみませんといってしまったり (;´д`)トホホ

これを解消するには? と新人の頃は必死になって探したものです。

そして得た答えが「ファシリテーション」という仕事です。いわゆる「会議の司会進行者」みたいな仕事をしている方々です。

彼らは「ファシリテーター」として、依頼があった会社に会議の司会者となって、会議を進めていきます。(彼らの手にかかれば、眠くて死にそうだった会議が、やるきに満ち溢れアイデアをどんどん発言する会議になります。スゴッ!)

と、そんな、会議をすすめるプロから、学んだことは「事前の準備」です。

ん?

「当たり前じゃん」なんて思ってないですか?

でも、そうじゃありません、私たちが考えているより、もっと多くの事前の準備が必要なのです。

書類の準備はもちろんですが、いかに話しやすい会場にするか、休憩時間をどこでいれるか(これをアイスブレイクというそうです、確か、、、。)

会場や時間、その時予想される気分なども考えて、事前に対策をうって、初めて、、

「生産性の高い会議」が生まれるそうです。

じゃ、どうすれば、そういうことを考えれるようになるのか?

これも、答えはシンプルに「経験」だそうです。

最初は基本みたいなことを勉強して、実践する。 失敗したら何が原因かを探して、こうすれば成功するんじゃないかと、仮定して対策をうって、また実践。

そうして、プロの「ファシリテーター」が生まれるんです。

たまに、勉強だけして「分かってる」っていう人がいるみたいですが、彼らは勉強したことを「証明していない」から、うすっぺらいとすぐにばれるし、ボロがでる。だから、経験を積み上げることが大切なんですね。

私も「不確かな証明」でいきがるのではなく「確かな証明」を

築き上げていきたいと思います。