その行動は、プラス? それともマイナス?

行動には2つの意味しかない。

ゼロからプラスにする行動か。 それとも、、、

マイナスをゼロにする行動か。

時間とは進み続けるものだから、ボーっとしていては、どんどんマイナスになっていく。

それをプラスに持っていく作業、行動が、、、

マイナスをゼロにする行動、つまり、

「現状維持」だ。

これは、どんだけ行動してもゼロにしか戻らないし、疲れても汗かいても充実感があってもゼロにしかならない。

骨折り損のくたびれ儲けとなってしまう。現状維持とは最低限の力でこなすことが必要になる。

AIを導入するか、システムの改善をするか、外注するか。

「効率化」がキーポイントになってくる。

一方で、プラスにする行動とは、すごく気力がいる、

普通マイナスにしかならないのに、マイナスをゼロにし、そこからプラスに転ずる行動をしなければいけない。

ビジネスでいうなら、

「売り上げアップ」

新規顧客の獲得、マネジメント、新人教育なんかがそうだと思う。

考える仕事が多いのが特徴といえるし、圧倒的な実践が必要にもなる。

現状維持の行動に比べれば、天と地の差ぐらい大変だ。

そんでもって効果が見えるのが遅い、遅いからつらい、だから多くの人はしようと考えないし、そもそも必要なの?と思ってたりする。

でもちょっと考ればすぐわかる、必要ですよね。

現状維持で進歩がない、くそつまらんと思います。

では、どうして、プラスの行動をしようとしないのか?

あなたの周りには、もしかすると、プラスの行動をしようとしている人がいるかもしれませんが、それでも少人数じゃないでしょうか?

多くの人は、みな「現状維持」にいそしんでいる。

理由は簡単、効果が見えやすいから。

今日私がやった

「草刈り」という作業も現状維持に入るが、これは伸びた草を刈る仕事、刈った後は、刈った前に戻るだけなのにスゲーやった感がある。

あ~今日も仕事したな~、ビールがうまいって言ってる。

(今の私です(笑))

気持ちいいし目に見えやすいから、ここに注目してしまう。

でも実際はゼロに戻っただけ、家の草刈りをしたからといってお金が入るわけじゃない。これを続けても誰も救われない。

だから、草刈りもしながら、プラスの行動をしないといけない。

どう売り上げをあげるかを考えないといけない。

でもこれが、すぐに見えないから難しい。けどやるしかない。

でないと、くそつまらん人生になってしまうから。