迫りくる「植物工場」、あなたは対策してますか?

おはようございます!! 梅雨時期なのに、雨降るのか降らないのかややこしい天気ですが,

お仕事頑張っていきましょう!

では本題に、、、農家の若手(私もそうですが、、、)は必見です!

最近ニュースに上がることが少なくなった植物工場についてです、

確かに、目新しい情報こそでてこないというものの確実にその進化は進んでいるようです。

✔ 環境を制御する機会の効率化(ランニングコストの低下)
✔ 徹底した植物生理学に基づく環境制御(質の良い野菜作り)
✔ 光、水、温度の効率化(自然に優しい)

ここで、勘のいい人はすでに私が何を言いたいのかが分かると思います。

それは、

「いづれ野菜の販売は植物工場という大手が、独占する」という事です。

いままで、農業の大手とは北海道や長野などの関東のみが独占していたわけです。
(だって畑面積が圧倒的に広いですから、、、。)

とはいえ、流通というコストが入るために、関西や地方にも戦える余地がありました。

もちろん、品質の差という部分でも戦っていたわけですが、植物工場は環境制御によって「無農薬」を実現させてきています。

完全無農薬という言葉で戦えなくなる未来が確実に迫っているといえるでしょう。

じゃ、いったいどうやって戦うのか?

それは、この植物工場の特徴をとらえるしかありません。

・ 多くを効率よく生産できる。
・ 無農薬で安全性を高めている。
・ 各地にできれば流通というコストも低下する。

つまり、その逆をいけばいいという事ですね。

・ 育てるのが難しいもの
・ 安全性はもはや常識
・ ここでしか手に入らない

という風に、

でも安心しないでください、、、

これは、結構みんなが思いつくことですよね?

事実私も、このブログを書きながら思いついたことです、その時間3秒です(笑)

だったら、どうするのか?

先ずは、大手のやり方ではいかない、つまり先ほど上げた、

・ 育てるのが難しいもの
・ 安全性はもはや常識
・ ここでしか手に入らない

の3つをベースに、もう1つプラスするだけで強力な武器を持つことができます。

それがあなた自身のストーリーです!

あなたという人は、おそらく1人しかいないはずですね?
(ドッペルゲンガーでもいない限りですけど、、、)

あなたが何故野菜を作ろうと思ったのか?そういうことをオープンにしていく事で、あなたから野菜を飼いたいという人が出て来る筈です。

だってぶっちゃけ、ほんまの一級品でもない限り、味に大差なんてないですから!
(あっ、肥料やりすぎの不味い野菜は省いて下さいね。)

ここでさらにもうひと手間、それが「強化」です、、、

つまりあなたというストーリーをもう1つレベルアップさせるんですね。

それが

あなた=何々 を作り上げる!

これであなたの武器は、「シンプルな強い武器」から「オリジナルの強い武器」へと、転換するんです!

あなたといえば、ナス、でも構いませんが、もっとだれもやっていないようなものがいいと思います。

✔ あなた=最小農園
✔ あなた=丁寧な対応
✔ あなた=おまけ付きがもらえる

とかでも、何か1つでも他との違いを身に着けることが大切な世の中になってきたんじゃないでしょうか?

さて私はどうするのかって?

聞きたくない人も聞きたい人も、私のテーマは

「1つの野菜を育てあげる」と「水耕栽培」です。

ではでは、今日は以上です。

ps. もしあなたが若手の農家さんで、これを読んで共感できると感じているのなら、連絡をいただけませんか?

中小規模農家は今は個人で生き抜く時代です、(マジです。)

とはいえ個人で生き抜くには限界があります。だから仲間が必要です。

仲間と家族とは少々意味合いが違います、家族は手伝ってくれますがなかなか踏み込んだ協力は難しいと思っています、だから仲間が必要と感じています。

仲間とは、個々の責任を果たしながら必要部分で協力できる関係かと思っています。

そんな仲間を必要と感じている方は私以外にもいるんじゃないかと、だから私と同じく、業務において先の話ができて、販売方法に悩んでいて、農業の先が見いだせないという方、少し意見交換をしませんか?

まってます。