新しいもの=アイデアを組み合わせる?

誰も考えないような、アイデアは一部の天才が思いついたことなんだ、、、

という考えを持っている人は、意外に多いようです。

でも、そんな事はないです、アイデアには出し方があるんです。

それは、これまでの記事で出してきたことです。

「アイデアは生まれる、、、そんな事はないよね?」

「アイデアを出す、強力な3つのステップとは?」

「無意識までもアイデアにする方法!」

という事で、今回はステップ3をお伝えします。

新しいものは、既存のアイデアの組み合わせ!

何か新しいものを生み出すためには、とにかく必死で考える事じゃないんだ、、、

まずは1を集めまくる、それを無意識までにアクセスして、経験した1を出しまくる、そこには、色んな1があるはずで、(1、1、一、one、壱、①、などなど。)

それを組み合わせる事、これが新しいアイデアを生み出す工程なんです。

では具体的には?

というと、これは人それぞれという感じがします。

なので、いくつか有効そうなものを出していきます。

✔ 3ワードから連想し、書き出していく。

出したいアイデアには、テーマがあるはずです。
新しい料理を作りたいなら、西洋なのか和風うなのかでも出したいアイデアは違うはずです。

なのでだしたいアイデアのテーマに沿った、ワードを3つだします。

和風  麺類  夏

和風は、だしを聞かせたらいいだろうし、鰹節があって、でも味噌もすてがたいか、味噌なら味噌で、赤みそがいいのか白みそがいいのか、

麺類、米粉で作られるのもあるし、のど越しを優先させるのか、パスタを使ってみても面白いかな、

、夏はやっぱり夏野菜がうまいから、トマトもいいし、オクラなんかもいい、どうせならもっとトリッキーにアイスをぶち込もうかな、でもバニラじゃなくて、野菜をアイスにしてシャーベット状で載せてみたら、

という風に、だした3ワードから、連想するものを書きまくって、とにかく考えず書くことに集中する事で、潜在意識からアイデアを引っ張ってきて、

後で整理しながら、組み合わせていくという感じですね。

これなら、野菜シャーベットをのせた和風だしのそうめん、的なものになりそうです。

✔ 絵にする

特に絵がうまい必要はありませんが、実物を作る系でアイデアを出したい場合は、絵を描いてみるのがいいと思います。

これも作りたい作品のテーマにそって、絵をなんとなく描いていきます。まずは考えるよりも書くことが大事です。書くことがアイデアを引き出すきっかけになる事が多いので、

それでも出にくい場合は、まずは3ワードでアイデアを出しまくるのもいいと思います。

鳥はこういう風に止まるだろうから、止まり木には最低このぐらいの長さの横棒が必要だけど、それ以外は部屋の内装に合わせて、インテリアとしてまとまるように仕上げようかな。

※これは私が書いたものじゃないですよ。(笑)フリー素材です。

✔ 動いて脳に血を巡らせる

基本は、文字にして言語化するか、絵にして細部をイメージするか、でアイデアの組み合わせはできると思います。

それでもでてこない、十分に1を集めたのに、という場合は、

とにかく動きましょう!

特におすすめは、自然の中を散歩するです。

やく20分もあるけば、気分もリフレッシュして、無意識へのアクセスがスムーズにいきます。

以上がアイデアだしの3ステップ目です、今日はここまで。

こちらも参考にしてください。

「アイデアは生まれる、、、そんな事はないよね?」

「アイデアを出す、強力な3つのステップとは?」

「無意識までもアイデアにする方法!」