健康ってなんですか?

30代に差し掛かってる皆様へ

「健康に気をつけてください」なんていわれたことありませんか?

そりゃそうですよね

朝から晩まで働き詰め、休日出勤なんかした日にはもうボロボロ…

そういや昨日なに食べたっけ…

たしかに不健康にもなります

なら仕方がない

明日からは野菜をもっと食べて、

低カロリーに気を付けて、

大好きなお酒はお預けか…

って、いやいやいやちょっと待ってください

その考え方本当に合ってると思います?

稼がないと生きていけないから仕事して、

そこで溜まったストレスを食事で発散してるのに、

今度はその食事が、体に悪いから制限しろと言われる

それが本当に健康にいいんですか?

今までの楽しみ、根こそぎ奪って成り立つ健康が

本当に幸せと呼べるんですか!

そうなんです、納得なんかできません

食事とはやっぱり楽しいものであってほしい

私もそう思います

じゃあどうすればいいか?

答えは単純です

「栄養学」を学びましょう!

そもそも健康について問われてしまうのは、原因があるからです

その原因を突き止めることができるのが「栄養学」なんです

ただし古い情報は意味がありません

栄養学では、当たり前の常識が度々くつがえります

鮮度のいい情報を学びましょう

そうすれば、あなたは自分の食べたいものを食べることができます!

っえ?まだ答えになってない?

そうです不思議ですよね、

健康なんてテレビ番組で山ほど特集されてるし、なんでわざわざ栄養学から学ぶ必要があるの?

でも序文で書いたことを思い出してください

健康に気をつけろ → そんなのできない

ということでした

じゃあテレビ番組に特集されてることをそのまま鵜呑みにできますか?

たしかに、この食材はこんな働きをしてくれる栄養分があって、こんな料理にしたら美味しく食べられますよ、って言われたら、

そう何だ、それなら明日から作ってみるか…

とはならないですよね‼

健康に気を付けろ → そんなのできない

とはつまり、食べたいものじゃないんです

どんなに健康にいい食事をしてくださいなんて言われても、その食事が食べたいものと思う事ができなければ、モチベーションは上がらないんです

しかも、あなたの食べたいものを食べるにはどうしたらいいのかは、誰も教えてくれません

テレビ番組はあなたの食べたいものを食べるにはという事を考えて編集してはくれません

だから結論、

食べることで何が起きているのかを知る、

つまり栄養学を学び、

自分専用にカスタマイズするんです!

健康とはそもそもどんな状態?

何が老化を促進させているの?

栄養ってなに?

こんな疑問をはらし

大人の余裕溢れる、健康的な30代を目指しましょう!