ちょっとおさらい

さあ、栄養学を学ぶといいんだよ!

についてお伝えできたので
ここで基本を頭に入れときたいと思います

何よりまずはじめに知っていてほしいこと

それは、消化、吸収の流れについてです!

どんなに栄養素の事を勉強しても
体に取り込む所をイメージ出来ていなければ、

栄養素についての理解が進みません。

ということで、
まずは消化についてです

栄養素のうち、たんぱく質を例にお伝えしたいと思います

栄養素は分子だよ、
というのは前回でちらっといいましたが

人間の身体に限らず、この世の中の目に見えているものは、
すべて色んな分子が、くっついて出来ているといえます

そして、身体はざっくりいうと

分子の中でも、たんぱく質で出来てます

つまり

身体はたんぱく質で出来てる

だから成長するには

たんぱく質が必要なんだ

と思ってください
(めちゃ簡単にいうとです、実際はもっと色んなもんが必要になります)

ではどこからたんぱく質をとったらいいのか

これも簡単に考えましょう

人間の身体がたんぱく質なら

動物の身体もたんぱく質です

つまり肉を食べればいい!

でもここで疑問です

身体はたんぱく質なんだ、ということですが

筋肉だけでなく、爪や髪の毛もたんぱく質ということです

肉を食べたら筋肉になるは分かります

じゃあ、爪や髪の毛はどうやってなるのか?

例えば、肉を食べたら、そのまま筋肉になる

なんて簡単な話なら

ちっちゃい子供が、肉を食べ始めたとたんに

急激に筋肉が成長、食べれば食べるほどに強くなり

ものの数日でマッスルベビーに!

みたいな成長過程になってしまいます

体に取り込むとは

肉が = 肉になる

ではありません

肉は、目に見えないたんぱく質のかたまり

なので一度目に見えなくなるくらい

バラバラにして身体に取り込む

肉 → たんぱく質 → 髪の毛

ということです

このバラバラにする行程が

消化です!

つまり私達は、どんな食べ物も

バラバラの栄養素の状態にまで戻して

初めて身体でつかえるようになるんです!

ここを理解できてると

後の話がわかりやすくなると思うので

しっかり覚えていてください

さらに細けぇことは次回に回します!