植物だって日焼けは嫌なんだ!

皆さん!夏の日差しに焼かれていますか?

あぁ~、
あなたは真っ黒ですね。
夏の海でかな。(笑)

(葉も言ってます。海はサイコーやってね。)

それはさておき、
夏の日差しといえば、
紫外線!

身体に悪いんでしょ?
だから日焼け止め塗らなきゃ!
っていうのは常識だと思うんですが、

実は、
植物も紫外線対策してるんですよ。
耳を澄ませてください、植物の声を!

「夏の紫外線、守らなきゃ細胞を!」
これが、植物の心の声になります。

あれ?

植物は光合成しているんだから、
太陽の光は大好物なんじゃないの?

と思うんですけど、
何事もほどほどに、
焼かれ過ぎると日焼けを起こします。

(やべー、変な日焼けでけた。( ;∀;))

日焼けを起こすと、
タンパク質の損傷をはじめ、
DNAの損傷を起こします。

もちろんそうなれば、
枯れます。

なので植物たちは、
夏の紫外線対策をしています。


(焼けるもんなら、焼いてみろや!!)

そうその対策とは、
私たち人間にもなじみ深い、
あれ!!!

背中を塗るとき、
誰かに頼まないといけなくて、

何だか気恥ずかしい、
あれです!!!

男子諸君は海だけしか使わないからって、
贅沢に残してしまう、
あ・れ・で・す!!!

そう、

日焼け止めクリーム!!!!!

これを植物も使っているんですね。

使っているというより、
作り出しているという表現が正しいと思います。
そしてそれが、、、

ワックス層のことです!

(このテカテカしたやつですね。)

このテカテカを、
さらに盛る事で紫外線に当たり過ぎないようにします。

うん、よくできてますね。

皆さんも日焼け止めなんかとは思わず、
自然の摂理ですから、

がっちり対策してくださいね!


(誰も、紫外線は無視できませんから、、、。)