季節って何なんだ?

さあ前回は、

身体は1日のリズムを覚えていて、その通りに行動するように準備する

1日のリズムは、太陽の光を浴びることでリセットされカウントを始める

という内容でした

お次のテーマは、季節

1日のリズムが分かったので、じゃあ1年間はどうなの?ということですね

季節といえば、春夏秋冬です

始まりや旅立ちの春、

暑すぎてやる気でない夏、

何かとやりたくなる秋、

家で過ごすのが最高の冬、

といった感じでしょうか、かなりの偏見が混じっていますが気にしないで下さい

あなたはどんな春夏秋冬を思い浮かべましたか?

ではこの4つの季節の違いはなんでしょうか?

正解は温度変化です!

当たり前やろと思われるかもしれませんが、これが結構重要です

なぜなら

人間は恒温動物ですよね

体温を一定に保ち、どんな環境でも活動が出来る能力のことで

これは具体的にいえば、外の温度、気温が高ければ、体温を下げ

気温が低ければ、体温を上げるというものになります

そうなんです、つまり季節の移り変わりは、気温の変化でもあり、

気温が変化するにあわせて、身体も体温を上げる、体温を下げるという異なった機能を使い分けているんですね

そしてこの2つの機能の切り分けには、身体にストレスを与えます

エアコンでたとえると、冷房と暖房の切り替えるときにちょっと時間がかかる

これは冷たい風を送っていたのを、今度は暖かい風を送るための作業が、追加されることになり

何時もより作業量が増える、ということになります

これが、身体にストレスがかかる、ということです

しかもこの切り替え、短い時間に何回もやられたら、それだけ作業量が増えることになり、エアコンでもつぶれちゃいます

じゃあ人間の身体では、こんな事が起こり得るのでしょうか?

そんな恐ろしいことをいったい誰がするのか?

それが季節の変化です!

そして特に、季節の変わり目にはストレスがかかります

冬から春の暖かくなるとき、

夏から秋の涼しくなるときは

暑かったり寒かったり暖かかったり涼しかったりが繰り返されるので

まさしくエアコンの切り替えスイッチを、パチパチ頻繁に押すのと同じ状況

体調を崩しやすくなるわけです

あれ?確かに成る程な内容だけど、消化とか関係なくね?

と疑問に思われた方、

確かにそうです

これは長い前置き、

この内容を踏まえて、

消化機能の変化について

説明するのは…

また次回!