ラベンダーの哀愁を、、、。

ラベンダーは、
ハーブの女王と呼ばれるほど高貴な香りをもつ植物です。

しかし、そのイメージとは裏腹に、

花言葉には、
「あなたを待っています。」
「繊細、清潔、優美、沈黙」
「許しあう愛」

(はかなげな雰囲気です、、、。)

権力、知性、美貌さえも兼ねそなえ、
誰もが愛す高貴な女性は、
その実、誰からも愛されない。

その立場が鎖となり、
心をぶつける人はいない、
彼女を自由にする者はいない。

そこに農民の、1人の青年が、、、。

(ハッピーエンドであれっ!)

という物語が思い浮かびそうです。

このストーリーのイメージとは、
一人一人違うものです。

だから個人個人が特別な思いを抱きます。

なので、
植物柄を使う時、

ごちゃまぜの花柄を使うのではなく、
植物単体にストーリーを持たせた方がいいと思うのです。

その方が商品の質は、
絶対上がります。