寒の戻りで負けない育苗場所を作りたい。

3月も半ば、
ややもすれば桜も咲いてくるのに。
(ややもすればってどういう意味?)

まだ顔に吹きかけられる風は、
さっぶッ。

これは野菜を種から育てる場所
育苗の地を守る必要があります。

その為に計画したことは、
「環境コントロール 保温編」
✔ 床冷えを防ぐ。
✔ 暖かい温度を保つ。
✔ 暖かい温度にする。

という事です。

ちなに育苗したいのは、なす
夏野菜のなすは特に寒さに弱いのです。

ハウスのある人はすでに始めているでしょうが、
こちとら種の買い忘れでしょうがないんですよ!
(種かってたら、3月初めにまいてました。)

ではこんな感じです。↓


(この場所に作ります。西川です、はい汗。)

(堆肥とモミガラ、支柱)

(堆肥とモミガラで暖かくしてもらいます。)

※ちなみにモミガラとは、米つぶを包んでいた殻です。

↑これをはがすと米になります。

あとはビニールと主役の種があれば、、、ね。