ナス記録1 「ソラヌム」の始まり。

彼らはどんな風に育つだろうか?

元気に強く、
時に病にかかっても、
苦難をのりこえてくれるだろうか?

そう私の愛する「ソラヌム」よ!!

という事で、
現在だれもめんどくさくてやらない、
徹底的な記録で、ナスのストーリーを全開に売ろうと考えている、西川です。

ナスのストーリーってなに?
って言われるとそうですね~。

野菜もネット販売が盛んになってますけど、
これらは、ナスというひとくくりで売られています。


(ペンギンは何羽いてもペンギンみたいに。)

しかし、商品袋にいれられたナスは、何十株というナスの、それぞれの実を合わせてナスとして販売されているわけです。

株1つ1つを注目すると、じつは一つも同じようには育っていないんですね。

病気にかかる株もあれば、
害虫にやられている株もある。

そんな中一切害虫にやられない株もあるわけです。


(これは食べられてます。)

だからこそ、
それぞれの株のストーリーを記録して、

こうやって育ったナスなんだと、
知ってほしいと思います。

自分の口に入る物が、
どのようなストーリーできたのか。

少し野菜のことを尊いと思えるかもしれません。

ps・

ソラヌムはナスの学名「ソラヌム・メロンゲナ」からとっています。

初めての挑戦なので、とりあえず1つの株を、少し学名っぽくかっこいい名前を付けてみました。