起37 「一気に行動力を高める効果的な1つの方法」

聞いてくれませんか?ある嫌なことがあったんです。

それは冬時期に畑を耕し、春に種をまき、夏に草刈りをして管理してきた、稲が、、、

イノシシに倒されたんです😭

(ほんとまじ辞めて、、、。)

動物なので悪意があったわけではありません。それが原因ではないと分かってはいます。

そう私が対策を怠ったからイノシシが稲を倒した。なにより私が悪いのです。

それでも怒りはおさまりません🤒

まじその頭勝ち割って、脳みそチュルチュルして、ボタン鍋にしちゃろかいどころの騒ぎじゃないんです。

しかし、そんな事は現実にできない、この怒りをどこにぶつけるのか?

私の良かったポイントが1つありました、この怒りの矛先を害獣対策に当てたことです。

アクシデントの怒りは、解決の行動力に当てよ!

今日は、草刈りの仕事をしていたので、帰りはクタクタ、運転もして集中力を使ってメンタルはギリギリ、

そんなときに畑の見回りにいったら、イノシシにやられた田んぼがある。

怒り心頭です。

何かを殴りたい気持ちで一杯になる。

これを行動力に注ぎます。この時頭はフル回転、人の話しも聞こえてきません。

どうやったらイノシシの被害をこれ以上ださないか?この解決策が電柵を張ること、

費用は3万円、今までその3万円が惜しくて、今年はいいかと思っていたのに、

今日は、止まりません。すぐさま3万円をつかんで電柵を買いに走ります。

(電気を流している柵です。)

夕日が差し込む中、買ってきた電柵の資材を一心不乱に設置していく。

あるのは怒りだけ。

またたく間に設置し終えた、電柵に電気を流す。

ピッ、ピッ、ピッ、

電気が流れる音を聞いて、ようやく我に返る。これでもうイノシシも来れないはずだ。

この怒りのベクトル(方向性)を、誰かにではなく行動に当てること、

これができれば、一気に行動力を高めることがなるので、

今日のアクシデントはチャンスになりました。

怒りは解決行動に。

では。